どくだみ化粧水の友絵工房 ホーム 工房紹介 製品紹介 お問合せ
どくだみ

どくだみ美容液

どくだみ美容液「花のエッセンス」のススメ

シンプルスキンケアをお勧めしている私たちにとって、花のエッセンス、どくだみ美容液は異質な存在に思える方もいらっしゃるかもしれません。しかし、どくだみ化粧水とは違うジェル状になっているので、目の周り、髪の毛、手足、脱毛箇所などポイントとして、機能面による使い分けをおすすめしています。

お肌に良いとされるどくだみ、ホウセンカ、ユキノシタ、ノイバラなど長野の大地が育んだ和漢花のハーブエキス4種類を採用し、カリンでとろみを出しています。無香料ですが、エキスからの独特の甘みのある香りがあります。ぜひエキストラケアとしてご使用ください。

乳化剤などを一切使用せずに作った友絵工房が自信を持ってお届けする水溶性どくだみ美容液です。植物の花が持つパワーをぜひ実感してみてください。


どくだみの花エキスを配合した贅沢な美容液「花のエッセンス」


どくだみ美容液

どくだみ美容液「花のエッセンス」

容量: 30ml
販売金額: ¥6,480(税込)

サンプル
販売金額: ¥650(税込)

     

コンセプト

ナチュラル、シンプル、手作りのコンセプトを基に、お肌に良いとされる植物4種類花のエキスを厳選し、美容液特有のなめらかな肌触りもカリンから抽出される天然成分にこだわりました。

特徴

どくだみでも最も成分が凝縮されている花の部分のみを使用しています。

お肌に良いとされている花のエキスをぜいたくに使用し、天然植物成分だけで美容液に仕上げました。少量だけでも十分にお肌になじむ肌触りをぜひ実感していただきたいです。

全成分

水、エタノール、カリンエキス、グリセリン(植物性)、ノイバラ花エキス、ドクダミ花エキス、ホウセンカ花エキス、ユキノシタ花エキス、ハチミツ

★ 合成の香料・ 着色料・防腐剤・界面活性剤・鉱物油不使用です。
★ 原料は自家栽培(無農薬)と地元の天然植物エキスのみを使用しています。

  ユキノシタ ノイバラ カリン
  ユキノシタ ノイバラ カリン
  ホウセンカ どくだみ  
  ホウセンカ どくだみ  

おすすめする使用箇所

エクストラケア用として、どくだみ化粧水だけでは物足りないと感じる箇所、または化粧水では付けづらい手足や髪の毛、目の周り、口周りなどの特に負担に感じる場所に少量をなじませてお使いください。

 

>>>花のエッセンス(どくだみ美容液)のご注文はこちら


どくだみの特徴と効能とは?

images.jpg

特徴

誰でも知っているポピュラーな多年草で、地下茎がどんどん横に伸びて増えていきます。葉は厚ぼったく、先がとがったハート型をし、茎に対してたがいちがいにつきます。夏には、黄色い穂状の小花と白い四枚のがくからなる2cmほどの大きさの花をつけます。特有の強い匂いを放ち、ちょっと葉をちぎっただけでも手が臭くなってしまうほどです。

分布と生育地

本州、四国、九州、沖縄など山地、道端庭先など湿り気のあるところに生えてきます。

薬として

漢名を十薬といって、昔から民間薬として広く利用されてきました。花の咲く6月から9月ごろに採取し、生葉と乾燥したものとの両方を使うことができます。腫れもの、便秘、水虫、蓄膿症、浄血など、お肌につけたり、お茶に煎じて飲むなど様々な用途で利用されてきました。

良薬は匂いも強し

どくだみの「だみ」とは、取り除くと言う意味です。すなわち、どくだみは毒ではなく、毒を取り除いてくれる草なのです。別名に、十薬、重薬、ジゴクソバ、ドクナベ、ドクトマリなどがあり、十薬とは、10種類以上もの薬効があるところからついた名だと言われています。

どくだみの異臭源のデカノイルアセトアルデヒドという物質は、抗カビ作用が強く、特に水虫・たむし等の白癬菌に対しては万倍に薄めても効果があり、また、クエルチトリンという成分は、10万倍にうすめてもなお素晴らしい利尿効果を持っているようです。


ノイバラ

ノイバラ

名称:野茨または野薔薇

特徴:果実は営実(エイジツ)と称し、瀉下薬、利尿薬になり、日本薬局方にも記載されています。エイジツエキスは、おでき、にきび、腫れ物に効果があるといわれていて、化粧品成分に利用されています。皮膚の保護作用、収れん作用、抗酸化性、美白性、保湿性、皮膚細胞の活性効果を持ちます。

友絵工房では、どくだみ美容液に使用しております。


かりん

カリン

漢方名:和木瓜

成分:果糖、ビタミンC、リンゴ酸、クエン酸、タンニン、アミグダリン

古くから民間療法でのどの炎症を抑える、咳止め、利尿に利用されています。

長野県地域では比較的多く収穫されます。友絵工房では、形が悪かったり、傷がついてしまった販売できないカリンを引き取り、とろみ成分として主にどくだみ美容液に使用しています。


ホウセンカ

ホウセンカ

名称:鳳仙花

特徴:花の部分は漢方として、煎用すると月経痛や冷え性の人に効果が有ると言われています。葉・茎は薬湯にし、冷え性の人に用いています。

友絵工房では、どくだみ美容液に使用しています。


ユキノシタ

ユキノシタ

名称:ユキノシタ(雪の下)

特徴:雪が上につもっても、その下に緑の葉があることから「雪の下」と名付けられました。また、白い花を雪(雪虫)に見立て、その下に緑の葉があることからとする説もあるようです。虎耳草(こじそう)という民間薬で、その葉をあぶり腫れものなどの消炎に用いていました。また、葉のしぼり汁は耳だれ、中耳炎、漆によるかぶれ、虫刺されなどに効くといわれているそうです。

友絵工房ではどくだみ美容液に使用しています。


どくだみ化粧水の友絵工房    化粧品製造業許可 20CZ008008  化粧品製造販売業許可 20COX00016