友絵工房からのお知らせ

友絵通信2021年2月1日

どくだみ化粧水とは?

どくだみ化粧水をインターネットで探されると安いもので1,000円以下のものも手に入りますが、どくだみ化粧水はそれぞれ一体何に違いがあるのかをご説明したいと思います。


どくだみ化粧水の基本成分

  • どくだみの種類

当たり前ですが、基本となる成分。ただし、そのどくだみはどこのものか、乾燥なのか、生葉なのか、この表現の有無によっておそらくコストは変わってくるかもしれません。

  • ドクダミエキス浸出

ドクダミエキスを浸透させるための成分です。アルコール(エタノール)が一般的です。

  • 保湿成分

お肌への乾燥等を防ぐための保湿成分は、グリセリンが一般的です。

  • 防腐機能

腐らないために何らかの防腐成分を添加する必要が出てきます。メチルパラベンやBGなど一般的な化粧水には入っている場合があります。オーガニックなどのこだわりのある化粧水は、使わない防腐剤があったり、基準を設けていたりします。

  • その他機能性成分

薬用成分としてはグリチルリチン酸などが配合される場合があります。また香料などもこれに該当します。


では、友絵工房で作るどくだみ化粧水とは何が違うのか、単純に疑問をもたれる方も多くいらっしゃるかと思います。私たちの作るどくだみ化粧水の特徴を記載しておきます。

友絵工房

友絵工房のどくだみ化粧水の主な特徴


どくだみ化粧水

1.私たちのどくだみ化粧水は、どくだみ生葉を1年かけてエキス抽出しており、時間をかけて手作りしています。

2.私たちの使っているどくだみは全て長野県産の自家製どくだみを毎年手摘みしてエキス抽出しています。

3.通常、消費期限の設定がなくいつまでも保存が利くように、BGやパラベン、フェノキシエタノールなどの合成保存料を使用している場合がありますが、私たちのどくだみ化粧水は、エキス抽出に用いる防腐効果のあるホワイトリカーを使用し、エキス抽出後、消費期限を3年としています。ただし、開封後はお早めに使いきりいただくようにしています。

4.他のどくだみ化粧水ではどくだみエキス以外の有効成分を使用していることが多く、時としてそれが良い場合もあります。私たちは、どくだみエキス、ホワイトリカー、グリセリン、水という極力シンプルな配合にして、どくだみの力を最大限発揮できるようにしていると共に、何がお肌に合わないか特定・選択しやすくしているところがポイントです。

5.少量生産のため、材料にかかるコストが高く、その面での金額は高くなりますが、販売についてもできる限り私たちの手で運営しており、皆さまから直接お声が聞けるようにすることで、ずっと使って下さる方を大事にし、宣伝にはほとんどお金をかけていません。


では、「個人で作られている手作りのどくだみ化粧水と何が違うの?」という点ですが、実際にはそれほど違いはありません。もちろん製造・販売するための許可を持っているということはございますが、生のどくだみが手に入りにくい方、なかなか作るお時間を作れない方の代わりに、時間をかけて、心を込めて作っていますので、手作りのどくだみ化粧水を検討されている方も、ぜひご参考にお試しいただければと思っています。